「ヤスユキ彫り」完成! 石井康行 白磁(しろ)の物語

「美しい白磁をもっと美しく」 をテーマに、白磁(しろ)の表現に挑み、伊万里を離れ歴史と伝統を引き継ぎながらも、“石井 康行”の白磁の世界を拓く、[ヤスユキ彫り]に達することが出来ました。

Ishii Yasuyuki workshop News

石井康行 白磁(しろ)への想い

Translate:

    白磁作品ピックアップ

    1. 白磁の馬上杯
      【馬上杯(ばじょうはい)】は、 昔遠路を旅する時、馬に…
    2. 石井康行白磁(しろ)の物語常設展示コーナーではお気に入りの食器もてに取れます
      インテリアショップ東京モデルルームの 石井康行白磁(し…
    3. テーブルランプ 水芭蕉
      山歩きをしていると山間の湿地などで見かける水芭蕉。 …

    アーカイブ

    Top